『Dog1station』ついにリニューアル!

【ペットルーム完備】愛犬と一緒に船旅をしたい!

古いタイプのフェリーではペットルームのない船も

最近ではペットとのお出かけの方法も増え、長距離移動の際には船を使う機会も増えてきました。新しく就航したフェリーにはペットが快適に過ごせるペットルームが完備されているものもあり、ペットも人間もよりいっそう旅を楽しむことができます。

それでもペットルーム完備のフェリーはまだまだ少なく、古いタイプのフェリーではペットルームのない船もたくさんあります。

船は日本では古くから人や物を運ぶ運送ツールとして使われているので、ほとんどの船でペットも運ぶことができます。しかし、どこの船でも基本的には小型、中型ペットを想定していて、キャリーケースに入れていることが前提です。

大型ペットの飼い主でフェリーによく乗る人の中には、ペットはいつも車の中に置いたまま乗船して、時間を見てペットにはエサや水をあげているから大丈夫、という人もいるかもしれません。


フェリー出航後、車の置いてある車両甲板に行くことができるのは一部の航路や近距離フェリーのみ

長距離フェリーや一部の航路では、出航と同時に車両甲板への通路が施錠されてしまい車に戻ることができなくなっています。そうなると、ペットはエンジンもかかっていない、暑すぎる/寒すぎる車内で、ストレスを抱えて船が到着するのを待ってなくてはいけません。

目的地によっては何時間もストレスにさらされるペット。エサや水も自由に飲めないことや長時間我慢できずに車の中で粗相をしてしまうペットもいます。

ペット連れで船旅をする際には、ペットにも快適に移動ができるように配慮してあげることが大切です。

船旅の際にはペットルーム完備の船があるかないかをまずチェックしましょう。ペットルームにもいろいろあり、本当にケージの中でペットを預かっているようなところもあれば、ドッグランのような大きなフリースペースで遊べる船もあります。ペットが船の名kで快適に過ごせると、飼い主のストレスも軽減されます。

またペットルームがない場合でも、小型犬に限りケージで客室に連れていくことができるフェリーもあるので、「どうかな?」と思った場合は、問い合わせてみることをおすすめします。

ペットルーム完備フェリー

・商船三井フェリー https://www.sunflower.co.jp/support/pet/
・フェリーさんふらわあ https://www.ferry-sunflower.co.jp/lp/pet/
・津軽海峡フェリー https://www.tsugarukaikyo.co.jp/reservation/pet/
・新日本フェリー https://www.snf.jp/
・シルバーフェリー https://www.silverferry.jp/boarding_guide/
・太平洋フェリー http://www.taiheiyo-ferry.co.jp/qa/pet.html
・オレンジフェリー https://www.orange-ferry.co.jp/pet/
・さるぴあ丸 https://www.tokaikisen.co.jp/boarding/baggage_pet/
・クイーンコーラルプラス http://www.marixline.com/page0111.html

まとめ

ペット連れで船を利用する際には、ペットルームの有無に関わらずマナーを守って利用することが大切です。

船という移動手段を利用する人の中にはペットが苦手な人ももちろんいます。動物アレルギーの人もいるかもしれません。

みんなが快適に利用できるためにも、決められたルールを守り、マナーよく船内では過ごすようにしましょう。




最新情報をチェックしよう!