初心者のための!正しい犬種選びのコツ6選

何を基準に犬種を決めていますか?

それは初めて犬を飼おうと思った時ですか?それとも、新しい犬を飼おうと思った時でしょうか?

世の中には衝動買いで犬を飼う人や、よく犬を知りもしないで飼ってしまう人がいます。そして、人間の無知で犬に悲しい思いをさせてしまったり、捨ててしまったりする人もいます。

犬は命ある生き物です。

動物愛護法が改正され生涯飼養も明記されるようになりましたが、まだまだ私たち人間は犬について無知すぎると思いませんか?

続きを読む

絶対に読んでおくべき!愛犬の健康管理

飼い主がそのわずかな変化、症状を見つけることが肝心です。

先日は犬がかかりやすい病気についてお話ししました。

犬の健康管理は飼い主の責任であり、私たちが勝手な判断を下してしまうと危険なこともあります。愛犬の様子がおかしいなと思った時はなるべくすぐに動物病院にかかることで事前に病気を防げたり、愛犬を守れたりします。

犬は体調不良を言葉で説明することもできなければ、どこが痛いと泣くこともできません。それでも愛犬の体調の異常は普段とは違った行動や態度に表れるので、飼い主がそのわずかな変化、症状を見つけることが肝心です。

続きを読む

あなたの犬は大丈夫?犬の病気ランキング

犬も人間同様、病気になります。

愛犬たちも人間同様、医療費がかかります。

体が小さいからそんな高額にはならないと思っていたら大間違えです。

うちのクリンも我が家に来てすぐ、大掛かりな大手術が必要になり医療費がかさみました。

人間のようにペットの医療費を国が負担してくれるわけじゃないので、全額負担です。簡単な手術でも1万円以上になり、入院もすればもっと高額になります。

病気によっては大きな大学病院とかでしか対応できない場合もあり、そうなると50万以上もかかってしまいます。

続きを読む

意外と知らない!?ドッグフードの選び方

陳列棚にずらっと並んだドッグフード、困った事はないですか?

何がどう違うのかも分かりにくいし、何がどう愛犬の体にいいのかも分かりにくくて、なかなか選ぶのって大変ですよね。

まず、ドッグフードのタイプ別にご紹介しましょう。

続きを読む

悩む前に必読しておきたい!犬の美容院の選び方

最近よく見かけるようになった『犬専用の美容室』

トイプードルの人気とともに、犬用のサロンが増え、大型の商業施設などにも併設されるようになりました。

またペットブームとともにトリマーの仕事も需要が増え、ドッグサロン、トリミングサロン、動物病院など様々な場所で活躍できます。まずはよく耳にするトリミングとグルーミングについてご説明しましょう。

続きを読む

犬を飼うときに用意しとくべきものとは?

初めて犬を迎え入れる時は事前に色々準備をする必要があります。

今は室内で飼われる犬がほとんどですが、人間の空間で人間より体の小さな犬が生活するという事は危険な事もあります。

事前にしっかりと準備を行い、快適な犬との暮らしを手に入れましょう。

続きを読む

わかりやすい!色々あります。ペットの資格

ペットの資格には、国家資格、公的資格、民間資格の3種類に分けられます。

意外と知られていないのが、ペットの国家資格は1個しかないという事。獣医師以外は基本的に国家資格ではなく、­さらに公的資格と民間の資格は区別がつきづらいものがほとんどで、基本的にはまとめて民間の資格とされているところが多いんです。

ペットの資格には様々なものがあって、訓練士やドッグトレーナー、ドッグセラピスト、ペットシッターなど幅広い分野で資格が活用されています。

現在、私が持っている資格はペットセラピスト、ペット看護師、愛玩動物使用管理士の3つ。

続きを読む

ペットロス症候群にならないための3つのポイント

ペットロス症候群をご存知でしょうか?

ペットを溺愛し、すごく大事に育て、我が子のように、もしくはそれ以上に可愛がっている人が、ペットを寿命などで失ってしまうことで、燃え尽き症候群のように何もやる気が出なくなり、悲しみに暮れ前を向いて生きていけなくなる事をペットロス症候群と言います。

年々、ペットを飼う人が増え、ペット産業は空前の巨大市場と化しています。それとともにペットロス症候群に陥る人も増えているのが現状です。

悲しい気持ちは分かりますが、一緒に過ごした楽しかった時間を帳消しにしてしまい、悲しみしか与えてくれなかったのではないかというほど、落ち込んでしまう人が後を絶ちません。

続きを読む

愛犬の病、手術までの道のり

譲渡契約を済ませ我が家へ。待っていたものとは。

前回は、私が犬の里親支援団体から里子を迎える3つ理由についてお話をしました。

それから、正式譲渡が決まり、団体の方が家までクリンを連れてきてくれました。多くの保護団体がトライアル・譲渡時には家まで保護犬を運んでくれます。これからどういう家で飼われるのか、もう二度と犬たちが悲しい思いをする事がないよう保護団体もしっかりチェックしているからです。2匹目という事もあり、保護団体も簡単な譲渡契約を済ませ帰っていきました。

続きを読む

私が犬の里親支援団体から里子を迎える3つ理由

犬の里子を迎えるときの大切なポイントとは

前回は、なぜ2匹目を飼う時は先住犬との相性が大事なのか!?というお話をしました。

今回は、犬の里子を迎えるときの大切なポイントをご紹介!

里親支援団体、動物保護団体などはよく週末に特設会場を設け譲渡会を行っています。

私は自由が丘駅周辺で開催されている譲渡会に行きました。そこにいる子たちはみんな新しい家族を待っている子たちばかりです。飼い主に捨てられた子、劣悪なブリーダーの元で機械のように子供を産まされ続けた子、酷い飼い主の元で虐待されていた子、みんな心に傷を持つ子たちばかりです。

続きを読む