チワプー?ダップー?今さら聞けないミックス犬が人気な理由

最近多いのがミックス犬と言われる雑種

昔は雑種と言えばシュッとしてシャープでオオカミみたいな犬が多かったですが、今の子たちは雑種というにはかわい過ぎるような子ばかり…

それで名付けられたのがミックス犬やハーフ犬です。

もともと犬のルーツは知られての通りオオカミですが、そこから人間の都合に合わせて色々な掛け合わせが行われて作られてきたのが始まりです。


スポンサーリンク



現在世界中に700から800の犬種があるとされていますが、国際畜犬連盟では339の犬種を公認していてその多くがまだ犬種として認められていない子ばかりです。

日本で言えば、ジャパンケネルクラブがその中の189の犬種しか公認しておらず、海外では立派な犬種でも日本に来るとミックス犬になっちゃう可能性もあるということです。

なぜ昔からそんなに人間の都合で掛け合わせが行われて来たのかというと、(犬の犬種を見てもらえば詳しく書いてます)昔は犬にはそれぞれ仕事があったから。牧羊犬や猟犬、ワーキングドッグなど様々な場で活躍していて、掛け合わせを行うことでより適職な犬を作っていたんです。

今は機械が行ってくれるようになり、仕事を持つ犬よりコンパニオンドッグとしての愛玩犬が増えましたが、コンパニオンドッグの掛け合わせは世界中で今も行われていて、これだけ犬種が増えてきました。

正式には犬種として認められていないが、それでもその人気は高い。

『dog1station』ヨーキー

人気なミックス犬はチワワとトイプードル。その名も「チワプー」。チワワの小さな体と大きな耳をしたまま毛がカールした子が人気です。

次に人気なのがダックスフンドとプードルのミックス、「ダップー」。ダックスフンドの短い手足に毛がカールした子が人気になっています。

人気のヨークシャーテリア(ヨーキー)とマルチーズを掛け合わせたのが「マルキー」。ヨーキーに限りなく近い見た目にマルチーズの丸っこい感じがプラスされ人気になっています。

まとめ

以上が人気のミックス犬ですが、ミックス犬は成長してみないとどういうふうになるのかというのが正直分からないことがほとんどです。人為的に作られた犬種なのでお父さんとお母さんどちらの血が濃く出るかは成長過程でわかるようになります。思っていたよりも大きく育ったり、カーリー毛を期待していたのにストレートだったりと必ずしもいいポイントだけが出るという訳でもないので、くれぐれも、こんな子が欲しかったんじゃないと思って捨てたりしないでくださいね。


スポンサーリンク



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*