今すぐに解決したい!愛犬の口臭原因と対策

しっかりとケアしてあげることが大切です。

前回、『まだ間に合う!犬の歯磨きと注意点』で愛犬の虫歯や歯周病、歯磨きの大切さについて書きましたが今回は、同じオーラルケアでも口臭に注目してみてみたいと思います。

愛犬を抱っこしたときや、愛犬が舐めてくれた後の臭いが気になるという人は意外と多く、犬を飼っている人の大半が愛犬の口臭で悩んでいます。口臭の原因はいくつか考えられ、しっかりとケアしてあげることが大切です。


スポンサーリンク



 

原因の一つとして最も多いのが歯石や歯垢が付着していることです。

歯石や歯垢が付いたままになっていると様々な菌が繁殖し、悪臭を放つようになります。歯石や歯垢が原因であれば歯磨きをすることで大半は解決されるのでしっかりと歯磨きを行って、口臭の原因を取り除くこともが大事です。

ドッグフードも愛犬の口臭の原因の一つとして考えられます。

人間でもそうだと思いますが、食べたものによって口臭がきつくなったりしますよね。

ドッグフードで多く使用されているのが肉ですが、あまりにも臭いがきつい場合は肉をあまり使用していないドッグフードに変えるのも一つの手です。

それだけで軽減される場合もありますが、ただドックフード以外のものを食べさせると歯垢が付きやすいので手作りご飯をあげる場合は歯磨きを行う必要があります。

他に考えられるのは、胃や腸の不調です。食べたものが吸収される過程で腸や胃の不調によって起こるものでもあります。

もちろん、愛犬の体質や疲れなどで口臭は変化しますが、ちょっと様子がおかしいと思う場合は獣医でお腹の調子を見てもらうと必要があります。

腸内環境が整えられるだけでも臭いは軽減してくるので一度受診してみましょう。

Amazon 犬用歯磨き粉 売れ筋ランキングTOP5

●第①位

●第②位

●第③位

●第④位

●第⑤位

まとめ

さまざまな口臭の原因をご紹介しましたがいかがでしたでしょうか。

最近では口臭ケアグッズも種類豊富に販売されていて、すごく便利になりましたが、まずは何が原因かを探ることが大切です。

単純に体質や食事の影響などであればいいですが、歯周病や内臓の病気が原因だと放っておくと大変なことになってしまいます。

日ごろから愛犬をよく観察し、ケアしてあげることで防げる病気もあるので、是非チェックしてみてください。

 


スポンサーリンク



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*