教えて!犬があなたに送っている合図とは

犬の気持ち、伝わってますか?

犬を飼っていると、犬特有の行動パターンやジェスチャーに毎日笑ってしまうことばかりです。

うちのクリン(チワワ♂)なんかは弥生(チワワ♀)を触っていると、手元に割って入ってきて「自分を触れ」と言わんばかりに私の手をずっと舐めてみたり、「触れ触れ」と手でトントン突っついたりしてきます。

もちろん合図には全犬が共通で行うものもあれば、その子特有の合図もありますがそんな犬たちが私たちに送る合図、ちゃんと意味を理解できているでしょうか?

今回は一般的な犬が行うジェスチャーや合図についてご紹介しましょう。


スポンサーリンク



さぁあなたの愛犬はどんな合図を送っているかチェックしてみましょう

 お辞儀のポーズ

頭を地面につけるように低く下げて体を弓なりにし、おしりをグッと突き出すこのポーズ、プレイバウと言われるポーズで、犬同士が会った時やテンションが上がった時に行っています。どういう意味かというと、「遊びのお誘い」と言われ、通常このポーズを行うときはしっぽが左右に大きく振られています。かまってほしい時によく見られるので、一緒に遊んであげると犬は喜びます。

 

首をかしげるポーズ

良く犬たちを観察しているとたまに人間のように首をかしげることがあります。実家のダックスなんかは人の声の語尾が上がるクエッションマークの「お散歩行く?」の音の時によく首をかしげることがあるんですが、犬にとって気になる音域の時に首をかしげる傾向にあります。犬は人間よりも耳がよく、かなりの高音域まで聞き取れる生き物です。人の声で首をかしげることは普通はそうないのですが、人間には聞こえない音域の音やちょっと気になる音の時に耳を傾けて音をきちんと聞き取ろうとしている行為が、首をかしげているように見えます。

 

うつろな表情

床に寝そべった愛犬がたまに見せるうつろな表情。可愛く見えてしまいますが、あの表情が訴えていることは「退屈」を意味しています。遊びたいのに遊んでもらえなかったり、主人がかまってくれなかったり、お散歩に行けなかったりとストレスを抱えてくるとうつろな表情を浮かべます。放置しておくと物をかじったり、部屋で暴れたりすることもあるので、ストレスの原因を取り除いてあげましょう。

 

キスしてくる

犬が人間の口を舐めてきたりキスをしてきたりすることがありますが、これは愛情表現をしているからです。オオカミの上下関係や挨拶、愛情表現を意味する習性に由来し、親が子を舐める愛情表現の一種でもあります。あまり衛生的ではないですが、犬は飼い主に愛情を伝えたくてしょうがないほど飼い主が好きだということ。「ずっと一緒にいてね」「大好きだよ」と喜びの感情を示しているもので、会えなくて寂しかった時にも舐めることがあります。

 

お腹を見せるポーズ

うちの犬はマッサージをしているときによくお腹を見せるポーズをとりますが、犬にとってお腹は骨格に覆われていない皮膚むき出しの弱点です。その弱点を全開で見せるのは「安心している」「信頼している」という意味の表れです。ただしっぽと耳を内に巻き込んで片足を上げるようなポーズをとる時は相手に恐怖を感じているときで「降参」の意味になります。

 

歯をむき出しにする

おやつを食べているときにうちの子がたまに見せるこの歯を見せるポーズは犬が「脅し」をかけている状態です。縄張りに入られたときや、嫌なことをされたとき、自分のものをとられたときなどに鼻にシワを寄せ、歯をむき出しにします。この場合それでも嫌なことを続けると噛まれることもあるので犬の注意には従いましょう。

 

臭いをかぐ

犬同士が出会った時など相手のおしりの臭いをかぐことがありますが、犬は吸角が非常に発達していて、相手のおしりの臭いを嗅ぐことで相手の性別、年齢、性格、体調などなど様々な情報を知ることが出来るからです。犬にとっては大事な挨拶のようなもので、犬同士の大事なコミュニケーションになりますので、他の犬になれていない場合は徐々に馴らしていきましょう。

 

 まとめ

犬が送る合図って面白いですよね。これらはまだ一部で一般的な犬の行動でしかありません。よく自分の愛犬を観察しているとその子特有の動きや合図もあり、それは飼主さんが気付いて理解してあげることで愛犬との距離もぐっと近くなります。うちのクリンなんかは抱きかかえて欲しい時、私の足の横につけて四足でじっと待機します。愛犬が送る合図を理解していくと愛犬とのコミュニケーションもたくさんとれるようになり、犬と暮らす日々がさらに楽しくなってくるので、ぜひ愛犬をよく観察してみてください。


スポンサーリンク



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*