ドックフード界に新たな黒船!?低温乾燥フードって何?

ドックフードは進化し続けます。

以前、ドッグフードの選び方についてお話させて頂きました。

簡単な復習ですが、ドックフードの種類は主に『プレミアムドッグフード・ナチュラルドッグフード・特別療法食』があります。

実は今、ひそかに注目を浴びつつあるドックフードがあります。

それは・・・


スポンサーリンク



低温乾燥フード(デハイドレイテッドフード)

なんかよく聞きなれない名前ですよね?

それでは、さっそく低温乾燥フードについて解説していきましょう。

もういつものドックフードには戻れないワン

デハイドレイテッドフード(低温乾燥フード)とは?そして、メリットとは?

①新鮮な食材(野菜・肉類・フルーツ等)を使い、素材が持つ栄養成分を保持しながら、少しづつ脱水する「低温乾燥製法」で作られている。

②「低温乾燥製法」で作られていることにより、ドックフードの腐敗を防ぐことに成功。

③通常のドライフードよりも栄養価が高く、高品質で栄養価の高いフードが出来上がる。

④ドライフードや缶詰と比べ、ビタミン類やアミノ酸、脂肪酸、抗酸化物質、酵素などが豊富に含まれており栄養価が高い。

いかがでしょうか?

使っている食材も高品質で、ヒューマングレード(人間の食品基準を満たした)原材料を使用していることも特徴です。

これなら愛犬にも安心してご飯を食べてもらえますよね!

そして、次に気になるのがデハイドレイテッドフード(低温乾燥フード)なんですが、正直まだそこまで商品数が多くないのが現実です。

日本初登場のデハイドレイテッドフード(低温乾燥フード)といえば?

王道はやはり『CUPURERA(クプレラ)』ですね!

●CUPURERA(クプレラ)

新鮮な素材を低温長時間空気乾燥で作った「クプレラエクストリーム」は、デハイドレイテッドフードと呼ばれる日本では初登場の新製法フードです。原材料を高温加熱処理しておりませんので、素材の旨味や栄養成分、酵素、有用菌が残り、嗜好性が大変に高いドッグフードになっております。肉や野菜などの素材は、煮たり、フリーズドライにすると細胞壁が壊れてしまいます。デハイドレイテッドフードである「クプレラエクストリーム」は細胞壁が壊れにくいので、素材の養分や旨味、各種栄養素を維持し、食事を通じて素材そのものの栄養吸収が可能となりました。

デハイドレイテッドフード(低温乾燥フード)を取り扱っている業者さんはいくつかありますが、やはり認知度でいえばCUPURERA(クプレラ)でした。

外国メーカーではあるものの、日本国内にて、全量検査、最終仕上げをしているというのはすごいです。

そして今回はCUPURERA(クプレラ)の他にご紹介したいのが、

Addiction(アディクション)社のRaw Dehydrated Food Dog Menuシリーズです!

って、紹介したのはいいのですが、実はまだ一部商品は販売されてません。。。

参考までに商品詳細をお伝えしたいと思います。

●アウトバックカンガルーフィースト(カンガルー/アップル)

胃腸がデリケートなワンちゃんの為に低コレステロールのカンガルー肉と整腸作用を持つアップルを使用。
オーストラリアに生息する野生のカンガルー肉を使用したグレインフリーフード。食物アレルギー対策として理想的な野生のカンガルー肉は、一切の抗生物質やホルモン剤を含まず、肉質は高たんぱく質・低脂肪・低コレステロール。また、他の赤肉より共役リノール酸(CLA)が豊富に含まれており、日々の健康や体重調整や重要な多くの身体機能をサポートします。また、抗酸化作用や整腸作用を持つ新鮮なリンゴ、パパイヤ、ニンジン、ホウレンソウなどを使用しています。

●パーフェクトサマーブラッシュテイル(ブラッシュテイル/サンフラワーシード)

体重・体型の維持や妊娠授乳期のワンちゃんの為に共役リノール酸・葉酸が豊富なサンフラワーシードを使用。
ニュージーランドに生息する野生のブラッシュテイル肉を使用したグレインフリーフード。ブラッシュテイルは自然のベリーや樹木の葉しか食べない為、抗生物質やホルモン剤が一切含まれていない肉であり、オメガ3 脂肪酸・オメガ6 脂肪酸が豊富に含まれています。食物アレルギー対策としても有用なブラッシュテイル肉を45%以上使用し、新鮮なパパイヤやホウレンソウとともに、共役リノール酸・葉酸やミネラル類、繊維質が豊富なサンフラワーシードも使用しています。

●ニュージーランドフォレストデリカシー(ブラッシュテイル・ベニソン/アクティブマヌカハニー)

人間の美容食品・健康食品としても使用されている特別な抗菌作用のあるアクティブマヌカハニーを使用。
ニュージーランド産のもっとも栄養価の高い食材をブレンドしたドッグフード。ニュージーランド人が長い間犬に与えていた低アレルギーでオメガ3、6 脂肪酸が豊富なブラッシュテイル肉と高たんぱく質・低脂肪・鉄分が豊富な鹿肉を使用。更に、高い抗菌作用を持つアクティブマヌカハニーも使用して作られた最上級の食事です。

私がおススメするドックフード

こちらはあくまでも、私個人が良いと思ったドックフードのご紹介です。もうすでに決まったドックフードがある方は、スルーして下さい。

よく、ドッグフード選びでの質問を多く頂きます。一例ですが…

◎偏食
◎ドライフードは食べない
◎ついついおやつを与えすぎてしまう
◎痩せすぎ、太りすぎ
◎アレルギー
◎どのフードを選んでいいのかわからない

などです。

毎日食べるものだから、しっかり健康サポート+美味しいフードが良いですよね。

やはり、愛犬の健康を第一に考えたら、グレインフリー(穀物不使用) 『カナガンドッグフード』がおススメです。

ドッグフードに一般的に使用されている穀物は、消化器官の異常や、皮膚のトラブルなど、犬のアレルギーを引き起こしやすいと考えられています。実は犬の唾液には、でんぷん質の炭水化物を分解する酵素が含まれていないのです。

それにも関わらず、コスト削減のため、ほとんどのドッグフードに安価な穀物が使われているのです。

愛犬の健康を第一に考える『カナガン』は、穀物完全不使用のレシピを採用しています。 原材料は、犬が本来求める健康素材だけを厳選しています。 もちろん、人工添加物は使用していません。

また、こだわりのイギリス産食材を厳選使用しており、カナガンで使用している原材料は、すべて人間が食べられる安心食材です。

『カナガン』で、愛犬をベストなコンディションに

『カナガン』は、健康サポートもばっちり。 獣医さんもおすすめの総合栄養食です。

(1) 食べやすい小粒タイプ
子犬や小型犬でも安心

 

(2) 美味しくて、ベストな栄養バランス
高タンパク・低炭水化物
健康的な骨格と、美しい毛並みのために!
犬にとって理想的な配合のために、消化しやすい!
野菜やハーブも配合でヘルシー

 

(3) 安心の品質
国際規格『SAL GLOBAL』クラスA取得工場で製造
徹底した品質管理
産地イギリスから直輸入
ナチュラルな原材料のみを使用

『カナガン』は、下記URLからしか購入が出来ませんので、ご参考までにどうぞ。

世界中の愛犬家から支持される、イギリス産ドッグフード『カナガン』

まとめ

今回は、デハイドレイテッドフード(低温乾燥フード)をご紹介させていただきました。技術の進歩と共に味や質が向上し、より愛犬たちが長生き出来る環境になったというのはとても喜ばしいことですね!

よい物を食べさせることも重要ですが、やはり日々の健康管理あってのドックフードです。愛犬たちとの体と真正面から向き合いどの栄養が必要なのか?を把握してください。

自己本位な飼い方ほど不幸なことはありません。この記事を機会に、もう一度『食』について見直してみるのもいいかもしれません。


スポンサーリンク



SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*