健康・病気

【犬の病】アジソン病とは?具体的な症状と治療法をご紹介

アジソン病がどのように引き起こされ、どのような影響を愛犬に与えるのか

アジソン病は腎臓の上部にある副腎で生成される副腎皮質ホルモンの分泌量が低下することで発症してしまう病気です。

副腎皮質ホルモンは炭水化物やタンパク質を利用し、血液の分解、免疫反応、炎症の制御などさまざまな働きを助けてくれる重要な役割を持ちます。

このアジソン病がどのように引き起こされ、どのような影響を愛犬に与えるのかしっかりと知り、愛犬を普段から守ってあげられるようにしましょう。

続きを読む

【犬の病】免疫介在性関節炎とは?具体的な治療法をご紹介

【犬の病】免疫介在性関節炎とは?具体的な治療法をご紹介

完治が難しく発症すると一生付き合っていかなくてはいけない病気だとされています。

免疫介在性関節炎は犬特有の病気と言われています。

似たような病気に人間の関節リウマチがありますが、免疫介在性関節炎は体を守るための免疫が何らかの異常で関節を敵だとみなし攻撃してしまうことで発症する病気です。

続きを読む

【犬の病】筋ジストロフィーとは?症状や治療法などを考える

【犬の病】筋ジストロフィーとは?症状や治療法などを考える

人間の病気としても難病として今現在も研究が進められている病気です。

筋ジストロフィーは人間の病気で難病指定されているもので、発症してしまうと治療法がないといわれている病気です。

この病気は犬でも発症することがあり、発症してしまうと体が日に日に動かなくなり筋力がどんどん低下していってしまう病気です。犬が発症してしまうと短いスパンで病状が進行してしまうこともあります。

続きを読む

命の危険あり!?犬伝染性肝炎とは?治療から予防まで解説

命の危険あり!?犬伝染性肝炎とは?治療から予防まで解説

犬伝染性肝炎は犬アデノウィルス1型というウィルスによって発症してしまう危険な病気です。

発症してしまうと防ぐ手立てがなく、根治は難しいといわれています。

そのため事前に予防策を打つことが何より重要です。犬伝染性肝炎がどれくらい危険な病気なのかを把握し、しっかりと予防策を愛犬のために講じてあげるようにしましょう。

続きを読む

必ず受けておきたい!愛犬の健康診断

気付いた時には既に手遅れなんていうことも。

dog1station-健康診断2

 

少し温かくなってきた春や、暑さも落ち着いてくる秋口になると毎年健康診断を受けているという犬飼さんもいますが、それでもまだまだあまり重要視されていないのが、愛犬の健康診断です。

言葉を放せない動物達は、飼い主が気付いてくれない限り病気を自分で治療することも出来ず、の痛み耐え続けることしか出来ません。

犬にとっての一年は人間でいう4、5年にもなるので、1年に1回は健康診断を受けて体に異常がないかをチェックすることが重要になります。

続きを読む

初心者向け!ペット保険を選ぶ5つのポイント

ペット保険についてどれくらいご存知でしょうか?

dog1station-medical-doctor-dog

もう入っているという人もいれば、いま加入検討中、入る予定はないけどという人もいますよね。

最近ではペットショップで愛犬を飼うときにペット保険も一緒にどうですかなんて勧めてくるお店もあるくらい、ペット保険が流通しています。

その証拠に昔はペット保険といえば2社か3社程度しかありませんでしたが、最近では携帯会社も参入してくるほどペット保険を取り扱う企業は増え、人間の保険と同じくらい種類豊富でどれを選ぶべきか悩んでしまうことも増えました。
続きを読む

チワワの代表的な病気。水頭症とは?

普段から愛犬の状態によく注意し、どんな変化も見逃さないことが肝心です。

チワワに多い、水頭症という病気をご存知でしょうか?

水頭症とは何らかの原因で、脳内に脳脊髄液が蓄積して脳組織を圧迫してしまう病気のことです。

様々な犬種の中で圧倒的にチワワがかかりやすい病気として知られていて、チワワの代表的な病気とも言われています。

続きを読む

あまり知られていない?犬のニキビ

しっかり治療をしていくことが大事です。

犬のニキビをご存知でしょうか?

正式には膿皮症と言われる病気の一種で、皮膚にニキビのようなブツブツができ、広がってきて、痒くなる皮膚病です。

この皮膚病は犬に一番多い皮膚病で、皮膚の表面に菌が感染することで、ニキビのような小さな膿が出来るようになります。

今回はそんな可能性についてお話ししましょう。

続きを読む

これは意外!犬にも血液型がある?

まだまだ解き明かされていないことがいっぱいの分野です。

犬にも人間同様血液型があることをご存知でしょうか。

人間にはA、B、O、AB型の4種類がありますが、国際基準で認められている犬の血液型は8種類あります。

犬の血液型は現在もまだ研究が行われている段階で、現在のところ分かっているだけで13種類以上の血液型があります。

続きを読む

覚えておきたい!犬の気管虚脱(きかんきょだつ)

愛犬の寿命を縮めてしまう非常に危険な病気です。

小型犬がかかりやすい病気の中に気管虚脱という病気があります。

これは犬特有の病気で、始めは咳や声枯れなどの風邪に似たような症状を発します。

勘違いしてしまう人も多いですが、とても危険で命を縮めてしまう病気です。

続きを読む